​大会長講演

 

5月20日(土)  9:20AM〜

 糸川 昌成 (いとかわ まさなり)
 公益社団法人 東京都医学総合研究所 副所長
糸川写真2_edited.jpg

昭和36年6月21日生まれ  東京都  男性 60歳

略歴:
平成元年  埼玉医科大学卒業 
      東京医科歯科大学 精神神経科 

      研修医(融道男教授)
平成2年   福島県 四倉病院精神科 常勤医
平成3年   筑波大学 人類遺伝学教室 

                研究生(有波忠雄助教授)
平成5年   東京医科歯科大学 精神神経科 

                医員(融道男教授)
平成6年   東京大学脳研究施設 生化学部門 

                研究生(芳賀達也教授)
平成8年   Molecular Neurobiology Branch,

                National Institute on Drug Abuse,

                National Institutes of Health,

                Visiting Fellow(George Uhl教授)
平成11年 理化学研究所 分子精神科学研究チーム 

                研究員(吉川武男チームリーダー)
平成13年 東京都精神医学総合研究所 精神分裂病部門 

                部門長(副参事)
      都立松沢病院精神科 非常勤医師
平成16年   東京都精神医学総合研究所 

                統合失調症プロジェクト

                プロジェクトリーダー. (副参事)
平成23年 東京都医学総合研究所(研究所の統合移転) 
      統合失調症・うつ病プロジェクト

                プロジェクトリーダー(参事) 

                精神行動医学研究分野長
平成27年   第10回日本統合失調症学会 会長
      東京都医学総合研究所 

                病院等連携研究センター長
平成30年 東京都医学総合研究所 

                副所長
令和2年   東京都医学総合研究所 

                新型コロナ対策特別チーム 統括責任者
 

専門:精神医学、分子生物学、科学哲学、現在は江戸時代の経済政策、禅宗、民俗学に興味をもつ。
趣味:写真の撮影と鑑賞、居合、スキー、水泳、昼休みは事務局でキャッチボール、読書、音楽鑑賞

受賞:
平成元年  毛呂山会長賞(埼玉医科大学)
平成4年    島崎・島薗・高橋学術賞(東京医科歯科大学)
平成20年     都知事表彰(発明発見)
平成23年     統合失調症研究会 最優秀賞
平成28年     ヘルシー・ソサイエティー賞(日本看護協会)

役職:
日本統合失調症学会理事、第10回日本統合失調症学会会長
日本精神神経薬理学会理事
日本生物学的精神医学会評議員
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 客員教授
埼玉医科大学 非常勤講師

著書:
「臨床家がなぜ研究をするのか」(星和書店)2013年
「統合失調症が秘密の扉をあけるまで」(星和書店)2014年
「科学者が脳と心をつなぐとき」(地域精神保健福祉機構)2015年
「症候群としての統合失調症――生物学的研究からの再検討」シリーズ精神医学の哲学第1巻第6章(東京大学出版会)2016年
「脳と心の考古学」(日本評論社)2020年
共著「弱さの研究―弱さで読み解くコロナの時代―」(くんぷる)2020年

 

主要文献
1.    糸川昌成 脳と心-分子生物学は精神疾患を解明するのか-. 科学哲学 47-2, 2015
2.    糸川昌成 科学と迷信 統合失調症のひろば 5号 Page161-174,2015
3.    糸川 昌成, 新井 誠, 宮下 光弘他 統合失調症の遺伝子研究における課題と展望 異種性と複雑系 精神医学 (0488-1281)55巻12号 Page1133-1143,2013
4.    糸川 昌成, 新井 誠, 市川 智恵他 統合失調症の分子病態と思春期までの予防戦略 精神神経学雑誌 (0033-2658)113巻7号 Page672-678,2011
5.    Miyashita M, Arai M, Kobori A, et al. Clinical features of schizophrenia with en-hanced carbonyl stress.Schizophr Bull.;40(5):1040-1046, 2014 
6.    Arai M, Yuzawa H, Nohara I, et al. Enhanced carbonyl stress in a subpopulation of schizophrenia.
Arch Gen Psychiatry. ;67(6):589-597, 2010
7.    Sora I, Hall FS, Andrews AM, et al. Molecular mechanisms of cocaine reward: com-bined dopamine and serotonin transporter knockouts eliminate cocaine place prefer-ence.
Proc Natl Acad Sci U S A. 24;98(9):5300-5305,2001
8.    Lin Z, Itokawa M, Uhl GR. Dopamine transporter proline mutations influence dopamine uptake,cocaine analog recognition, and expression.FASEB J.;14(5):715-728,2000
9.    Itokawa M, Toru M, Ito K, et al Sequestration of the short and long isoforms of do-pamine D2 receptors expressed in Chinese hamster ovary cells.Mol Pharma-col.  ;49(3):560-566,1996
10.    Arinami T, Itokawa M, Enguchi H, et al. Association of dopamine D2 receptor molecu-lar variant with schizophrenia.Lancet. 19;343(8899):703-704.1994